ひつじのブログ

やればできるを、そろそろ自分にわからせたい。

ケヴィン・スペイシー好きなら観て損なし!!ファンと共有したい作品&動画

こんにちは。突然ですが、筆者はわりと年季の入った穏やかなケヴィン・スペイシーの一ファンです。熱烈に愛が迸っちゃう・・・!っていう時期もあったんですが、今はくすぶる炎を内に秘めてる状態にまで落ち着いております。てことで僭越ながら、ファンの方そうでない方、誰でも共有したい情報を列挙いたします!!

1.簡単にKevin Spaceyの魅力を語るよ

 とにもかくにも、ケヴィン・スペイシー・The・必殺仕事人です。いやー、いい仕事してくれる。安定感ありますよね。もちろん天賦の才があるんだろうけれど、とにかく器用な技巧派/演技派。そしてなんと言っても、根っから素が優しそう&穏やかそう!!あの見るからにいいおっちゃん、て感じの善人ぽい微笑みと、演技で見せる冷酷な表情や視線のギャップ(念頭にあるのはFrank Underwood)もたまらん。年をとるごとに貫禄も増していい感じになってきてるというのが筆者の所見です。決まったパートナーがいないという点から太古の昔からゲイの噂が絶えませんが、そんなのどっちでもいいよ〜、まじめにすてき。

2.出演作品一例

アメリカン・ビューティーでアカデミー主演男優賞に輝きましたが、最近またNetflix「ハウス・オブ・カード」シリーズで注目集めてますよね。
有名な出演作品だと「交渉人」「セブン」「L.A. コンフィデンシャル」「ペイ・フォワード可能の王国」「ユージュアル・サスペクツ」「シッピング・ニュース・・・などなど。
ユージュアル・サスペクツなんて必見中の必見。ここ近年再評価されて口コミでぐんぐん知名度上がりましたよね。ケヴィンスペイシーはこちらでアカデミー助演男優賞を受賞しています(助演というところがむしろ意外でしたが)。
「セブン」は重要な役どころで出オチ?感がありすぎるためか、公開までケヴィンの出演が伏せられてたという。この作品でぐんと映画俳優としての評価も上がりました。

3.その他

 さらに、舞台も数多くこなします。ジュリアード出身ということで、どっちか言うと舞台出身/総合芸術の方が得意なのかな。それでもスクリーンビジネスでこれだけ成功するってどんだけだーって感じですが。演者としてだけではなく、ロンドンの芸術シアターの芸術監督も長く務めていました。
映画についても自身での製作、プロデュースも多く手掛けてます(「16才の合衆国」「ラスベガスをぶっつぶせ」「ソーシャル・ネットワーク等々挙げ出すとキリがない)。「ハウス・オブ・カード」シリーズも主な製作総指揮者に名を連ねてますね。数年前には、倒産した映画制作会社をビジネスパートナーと共同買収して再建するというニュースがありました。
さて前置きが長くなりましたが、わりとツウっぽくない?と個人的に思う作品やら情報やらを以下どうぞ!!

4.本題(個人的なツボ映画・情報)

  ・K-PAX 光の旅人
ケヴィン・スペイシーファン以外には知名度が不当に低い気がするんですが、もっと評価されてもいいと思うヒューマンドラマ。素晴らしい作品です。ジャンルはSFなんだけど、ケヴィンスペイシーが「自称・地球から1,000光年離れたK-PAX星から来た宇宙人」を演じるという点を除いて、あんまり小難しい時空の話とかは出てきません。なかなかすごい設定でしょ?でもコメディじゃないんです。それで自称宇宙人(ケヴィン)は変な話ばっかりするんで、即、精神病院行きになってしまいます。主治医(ジェフ・ブリッジス)も最初は取り合わないいんだけど、でもなぜか彼の周りで次々不思議な出来事が起きて・・・という話。
このキャスティングはケヴィン・スペイシー以外ではありえないでしょう。なんてったって宇宙人の役ですから。後頭部の薄い宇宙人って他にいる?で、サントラがいい(またかと言われそうですが)、とにかくいい。サントラには入ってないけどシェリル・クロウの主題歌「Safe And Sound」が映画の余韻とまたピッタリ合っててね、これが映画館ならエンドロールと言えども座席から絶対離れられません。そしてエンドロール後にもお楽しみが。

光の旅人 ― オリジナル・サウンドトラック

・ビヨンド・ザ・シー 夢見るように歌えば
ボビー・ダーリンの伝記的ミュージカル映画です。まさかあのケヴィン・スペイシーがこんなに歌って踊れる人だとは!!無論、吹き替えなしで全曲ケヴィンが歌っています。こりゃあ才能が留まることを知りませんよね。踊ったあとちょっと息切れしてたりして、ダイエットした方が楽そうだけど、そんなお腹ポッコリ具合も可愛い。監督製作脚本主演4役の、まさにケビスペのケビスペによるケビスペのための映画。堪能します。 

 ・モノマネ動画(youtube
エンターティナーのケヴィンはいたるところで得意のモノマネをご披露なさいます。
元ネタを存じ上げない人も多いんですが、定番はアル・パチーノジャック・レモンキャサリン・ヘプバーンジャック・ニコルソンマイケル・ケインなんかも。多才です。
CBS Late Show - Al Pacino & Kevin Spacey's Al Pacino Impression

トニー賞(第71回、2017年6月)のホスト(司会)
トニー賞の司会オープニングでもまたもや歌う、踊るケヴィン・スペイシー!!
I'm coming〜と歌ってて、観客が笑っているのであわやここでカミングアウト?!とゲイの噂を逆手にとってネタにしちゃってました。あとHOCで一瞬ジャックしてましたね。
House of Cards meets 2017 Tony Awards

NPHが司会してる2013年エミー賞のオープニングモノローグ(動画の5分台後半〜)
これはもう、ぜひ見てください。ネタバレになるから詳しくは書けないのですが、おいしいところをかっさらってます。たぶん例のあの役になりきってるな。でもこれも英語が全部聞き取れなくて悔しい!!そして個人的にニール・パトリック・ハリスNPH)のにわかファンなので二度おいしい!!(NPHはHow I Met Your Motherのバーニー役でツボにはまりました)

65th Primetime Emmys Opening

Twitter @Kevin Spacey
「ハウス・オブ・カード」の2017年エミー賞主演男優賞ノミネートを受けてこんなおちゃめなGIFをアップされてます。ユーモアありすぎ。実は調べて意外だったんですが、「ハウス・オブ・カード」シリーズと主演キャストの賞はエミー賞にほとんど毎年のように何度もノミネートされてきたにもかかわらず、いまだ主演男優賞を獲得してないんですね。「ブレイキング・バッド」とか競合作品が強すぎるからかなぁ〜(こちらもウィッシュリストに入っている海外ドラマのひとつ)。Try try try try..again!!今年こそ!!https://twitter.com/KevinSpacey/status/885526460827664384

 https://twitter.com/KevinSpacey/status/885526460827664384

いかがでしたか?魅力を紹介しきれなかった感もあって、力量不足を痛感いたします。。公開中のBABY DRIVERも観に行かなきゃ!あとまだ実は観れてないHouse of cardsシリーズ5も・・・いろいろ忙しい。
海外アーティストのファンになると、その人のtwitterとかinstagramとかyoutubeとかでフォローできますが(いい時代だな)、でも言葉の壁がね・・・っていうことがよくあります。画像映像だけでも楽しめるけど、やっぱり内容さっと理解できるようになりたいな。精進せねば。

 

【本日の一曲】
Sheryl Crow/Safe And Sound 

Safe and Sound

Safe and Sound

 

 

 

広告を非表示にする